2020年度「図書館を使った調べる学習コンクール」参加者募集

2020年度「図書館を使った調べる学習コンクール」
参加者募集

【重要】今年度は、作り方講座は開催致しませんが、作品は募集します。

「図書館を使った調べる学習コンクール」募集事項

 

対 象 者 小学生以上
内   容 テキストをもとに、日常で疑問に思ったことや知りたいことを図書館を使って調べます。
結果を作品としてまとめ、コンクールへ応募します。
※学校へ自由研究として提出希望の場合は複製をお渡しします。

【応募作品の扱いについて】
①出水市立図書館で審査を行い、賞状をお贈りいたします。
②上位の作品は、公益財団法人図書館振興財団が主催する全国コンクールの三次審査に推薦されます。
③全国コンクールで入賞した作品の著作権は、公益財団法人図書館振興財団に帰属します。
募集人員 20名程度
参 加 費 無料
※今年度は、作り方講座は開催致しません。
参加の方には作り方を解説したテキスト(ステップノート)と用紙などを入れた『調べる学習セット』をお渡しします。
申込期間 令和2年7月1日(水)~8月20日(木)
お問い合わせ 中央図書館  ℡0996‐63‐2105
高尾野図書館 ℡0996‐82‐5452
野田図書館  ℡0996‐84‐3100

保護者の皆様へ ~図書館活用のご案内~

出水市立図書館 指定管理者 (株)図書館流通センター

いつも図書館をご利用いただきありがとうございます。
今日は、お子様にとって役に立つ図書館の行事をご案内します。

行事の名前は?
図書館を使った調べる学習コンクール
オススメの理由
①ホンモノの知識の習得
「どうして?」と思うことは生涯にわたり何回あるでしょう。
知識習得の多寡はこんな時の次の行動で決まります。「調べる」です。
現代では、「調べる」が過去に比べて容易な時代です。短時間でいろいろな情報を手に入れることができます。でも、容易に手に入れた情報は意外と脳に貯蓄できにくいです。そんな経験は数多く聞きます。「手間暇かけて苦労して知らないことを知る」。こんな出来事は情報の入手だけでなく、人間にとって尊い育みです。
「図書館を使った調べる学習」は、図書館の本を使って「手間暇かけて苦労して知らないことを知る」情報入手の解決策です。
②想像力の醸成
この行事では、自分が知りたいことについて、「もしかしたら〇〇〇かも」ということも考えるようにしています。ズバリ「想像」です。私達は、楽しむための読書でも知らず知らずのうちに主人公の顔や声も場面を想像しています。この行事では、この創造に想像に加えて疑問に対して、「自分の答え」を想像します。
③表現力の涵養
最後の利点は「表現力」です。「図書館を使った調べる学習コンクール」は
 〇自分が調べること
 〇調べる道のり
 〇予想
 〇調べた結果(知識)を文字・図・表・写真・イラスト
などの技法を用いてレポート作品を仕上げます。
自分が習得した知識、想像したこと、苦労したことを自分の力で表現できます。

このような経験を幼少期から積み重ねる絶好の機会です。
今年も多くの大志を抱いた児童生徒の皆さんの挑戦をお待ちしております。
保護者の皆様のご理解とオススメが要件です。

2020年夏 出水市立図書館責任者 田島英樹

 

2020年07月05日|ブログのカテゴリー:出水市立図書館